新しい自作キーボード(corne cherry)を作った

先日、新しいキーボードを買いました。

自作キーボード界隈では有名なcorne cherryです。

f:id:kawasaki_dev:20211103153102j:plain
corne cherry

初めての自作キーボードの思い出

これまでは、初の自作キーボードであるRunners3680を使っていました。(今も使ってますが)

f:id:kawasaki_dev:20211103153205j:plain
Runner3680。軸はGateron茶軸

今の会社でインターンを始めた頃は支給されたキーボードを使っていて、なんとなく自分もいいキーボードが欲しいなと思い調べていたところ、自作キーボードという世界があるのを知りました。

市販のキーボードより自作キーボードの方がいいと思ったところは、左右分割と格子配列です。

左右分割することで肩を広げてタイピングできることで肩が凝らなくなる(普通のキーボード使ってたころはたぶん肩が凝ってた)、今のキーボードの列が揃ってないのはタイプライター自体の配線の問題であって本来は揃ってた方がタイピングしやすいという説明を読んで目から鱗が落ちたのを覚えています。 それで、綺麗な格子配列の分割キーボードであるRunners3680を遊舎工房で買いました。

気合いが入りすぎて、アルファベットのキー配列すらQWERTY配列からEucalyn配列に変えたところ結局2ヶ月経ってもまともにタイピングができるようにならず諦めたのも今ではいい思い出です。 yushakobo.jp

たぶん、会社で自作キーボードのEucalyn配列、家のノートPCでQWERTY配列を使っていたせいで脳がバグったのが原因。今考えると、他のキーボード使えなくなりそうだから諦めてよかったかも...

自分で作った愛着と左右分割のおかげで全く肩が凝らなくなったこと、格子配列で入力しやすくなったこと(特に数字キー。どの指がどの数字に割り当てられているか明確)、キーボードの間にノートとかトラックパッドがおける、等々初めての自作キーボードはかなり満足度が高かったです。

職場で自作キーボード使っている人は他にいなかったので、いい意味で目立って会話のネタにもなりましたし。

corne cherry

会社のリモートワークが推進されて週一出社でよくなりました。

そのせいでと言ったら変ですが、キーボードを毎週持ち運ばなければいけなくなったので、もう一つキーボードがあったら楽だなと。 Runnersも1年半くらい使ってましたし、ちょうどいい機会だから前から気になっていたcorne cherryを作ってみようということに。

Runnersには結構満足していたんですが、60%キーボードなのでホームポジションから離れないと届かないキーが少しありました。 あと、小指の下側のキーってすごい押しづらいんですよね。

corne cherryはよく出来ていて、各指がホームポジションから二つ以上離れなくていいようになっているんです。実際に、使ってみないとわからないと思いますが、手の動きが減ってかなり楽になりました。

キーが足りないと思うかもしれませんが、親指のホームポジションにレイヤキーを割り当てているので、全然困らないです。むしろ、余っているくらい。

f:id:kawasaki_dev:20211103163329p:plain
キーマップ

見えないキーの方が多いし、どうせ手元は見ないので無刻印のキーキャップにしたら白で統一されて気に入ってます。

軸も元々Gateronの茶軸だったんですが、タクタイル感が弱いのと音が結構するので、今回はZilent V2の65gを使いました。

タクタイル感が心地よく、音も小さくなったのでよかったです。ただ、ちょっと重くてずっとタイピングすると疲れそうなので62gの方でもよかったかもなと思ってます。

f:id:kawasaki_dev:20211103164338j:plain
Zilent V2

少し使って、ホームポジション迷子になることが多かったので百均で買ったUVレジンでホームポジションをつけてみました。これでだいぶ使いやすくなりました。

f:id:kawasaki_dev:20211103164619j:plain

今後

corne cherryにしてさらに使い勝手と愛着が増し、着実に沼にハマっている感じが...

ほぼ裸で使っているような感じなので今度はケースを自作したいなーとか。 f:id:kawasaki_dev:20211103164956j:plain

自作キーボードの設計にもちょっと興味を持ち始めています。